今の職場に出会いがない人は行動あるのみ!やるべきことを解説

今の職場に出会いがない人は行動あるのみ!やるべきことを解説 恋活・婚活

こんにちは。ヤマヒロ(@yamahilog)です。

今回は…

悩み
・今の職場に出会いがなくて悩んでいる
・職場に出会いがない場合どうすれば良い?
・出会いが多いのはどんな職場?

こういったお悩みを解決します。

【この記事の内容】
・職場に出会いがない理由
・職場に出会いがない場合にやるべきこと
・出会いが多い職場を紹介

 

この記事を書いている私は、会社員時代、出会いの多い職場で働いていました。

しかし、会社を辞めた後も、たくさんの異性と出会っています。

職場で出会えれば確かに楽ですが、職場以外にも出会うきっかけはたくさんあります。

職場以外で異性と出会うには、今よりもっと「行動すること」です。

むしろ行動さえ起こせば出会えます。

この記事では、今の職場に出会いがなくて悩んでいる人へやるべきことを解説していきます。

 

職場に出会いがない理由

まずは、今の職場に出会いがない理由を解説していきます。

もし以下の理由に当てはまらなければ、今の職場にもチャンスはあるはずです。

 

職場に出会いがない理由は簡単で、以下のとおりです。

・男女の割合が極端に偏っている

・お客様や社外の人と接する機会がない

・仕事で接する人と年齢層が合わない

・良い人がいない、既に相手がいる人ばかり

それでは一つずつ解説していきます。

 

男女の割合が極端に偏っている

当然ながら、男女の割合が極端に偏っている場合、職場で出会いはほとんど見込めません。

職場に同性ばかりでは、圧倒的に出会える異性の母数が少ないからです。

一例ですが、男性であれば、建設業界などは同じ男性ばかりです。女性と出会うきっかけはほとんどないです。

女性であれば、エステやネイル、まつ毛などのサロンは従業員もお客様も女性ばかりです。

病院や歯科医院も圧倒的に女性が多い職場ですね。

 

お客様や社外の人と接する機会がない

お客様や社外の人と接する機会がない、もしくは極端に少ない場合は出会いがないです。

そもそも人と会う数が圧倒的に少なければ、出会いもクソもないですね。

事務職や工場勤務、パソコン等を使ったクリエイティブな仕事なども、黙々と作業をする仕事なので、外部の人と接する機会がほとんどありません。

また、人事異動などが極端に少ない場合も、接する人がほとんど変わらないので、新たな出会いは期待できません。

 

仕事で接する人と年齢層が合わない

仕事で人とは会うけど、年齢層が合わないパターンもあります。

例えば、私も勤めていた小売業。

スーパーやコンビニなどの店舗では、正社員よりパートさんの人数の方が圧倒的に多いです。パートさんが多い職場は平均年齢が高い傾向にあります。

また、病院などは患者さんとたくさん接しますが、圧倒的に高齢者の方が多いですよね。

この場合も、たくさんの人とは接するけど、いわゆる恋愛などの出会いとは程遠いと言えます。

 

良い人がいない、既に相手がいる人ばかり

職場で異性と接する機会はあるものの、「良い人がいない」「既に相手がいる人ばかり」ということもあります。

これは出会いに関して、職場自体に問題はないですが、現状まったく期待できない状態です。

この場合も、今の職場での出会いは無理だと割り切って、職場以外に意識を向けるべきです。

 

職場に出会いがない場合にやるべきこと

ここからは、職場に出会いがない、期待できない場合にやるべきことをお伝えします。

基本的には、新たな人と会うために「行動を起こすこと」が重要です。

待っていても、悩んでいても、出会いは向こうからはやってきません。

 

やるべきことは、ざっくり以下のとおり。

・集まりに参加する

・友人などに紹介してもらう

・出会いが多い職場に転職する

一つずつ解説していきます。

 

集まりに参加する

最初は、とにかく集まりに参加しましょう。

友人との飲み会や、合コン・街コンや婚活・恋活パーティー、オフ会など正直何でも良いです。

自分一人で何とかしようと思っても、限界があります。

コンパやパーティーは完全に出会いが目的ですが、ただの飲み会やオフ会でもそこから派生していく集まりにチャンスがあります。

例えば、飲み会などに行くと、その場では出会いが無くても、「今度、皆で○○に行く」とか次の集まりの話題が出たりします。

そこに自分の知らない異性が参加する場合が結構あります。

新たに出会う人には、その人にまた友人や知人がいるので、芋づる式に出会いが増えていく可能性があります。

「一人や二人と出会っても意味がない」と考えずに、とにかく知らない人が参加する集まりに積極的に参加してみましょう。

積極的に参加すれば、絶対に派生していきます。

 

気軽に参加できる友人の集まりなどがない人は、王道のパーティーなど積極的に参加すべきです。

場数を踏むことで見えてくることもあります。

ゼクシィ縁結びPARTY

 

友人などに紹介してもらう

友人や職場の同僚などに紹介を頼んでみましょう。

職場に出会いがないこと、出会いを求めていることを素直に相談してみましょう。

あなたを知っている人なら、ある程度あなたの好みなど分かっているでしょう。

紹介してもらうメリットとしては、大人数で出会うのではなく、一対一でのやり取りができるところです。

集まりに参加する場合、出会いはあっても十分にコミュニケーションが取れない可能性もあります。

しかし、ピンポイントで紹介してもらえれば、LINEのやり取りなどから始めて、じっくりとコミュニケーションを取ることも可能です。

デメリットとしては、紹介してもらった以上、失礼のないように注意が必要なところです。

紹介してくれた友人や同僚などの顔を潰さないように注意したり、やり取りの中で「タイプじゃないな」と思っても、相手に失礼のないようにしなければなりません。

その点では、かなり気を遣う可能性があるので注意しましょう。

 

出会いが多い職場に転職する

思い切って、出会いが多い職場に転職するのも手です。

やはり職場に出会いが多いのは楽です。

紹介してもらえる人がいない、仕事が忙しくてなかなか集まりに参加できない等、どうしても職場以外で行動するのが難しい。でも、どうしても出会いたい。

それなら転職するしかありません。

ただ、「出会いが欲しいから」という理由で転職はできませんよね。

必ず前向きな理由が必要です。

なので、せっかくの機会に自分の人生を見つめ直して、前向きな転職をしましょう。

当ブログで、仕事や転職に関する記事を多数ご用意しています。

一部、参考になる記事を紹介しておきますので、興味があれば見てみてください。

【あわせて読みたい】

 

出会いが多い職場を紹介

さいごに、出会いが多い職場を紹介しておきます。

詳しくは、出会いが多い職場や業界を紹介!避けるべき職場もで解説していますので、ここではさらっと紹介だけします。

 

・マスコミ業界

→ テレビや新聞、出版、広告などマスコミ関係。

・美容、ファッション業界

→ 美容師やアパレルショップ店員など。

・接客、サービス業

→ 飲食店や小売店、ホテルやアミューズメント施設など。

・営業

・受付

などですね。

もちろん一般的な出会いの多さなので、職場ごとに違ってくる可能性があります。

 

まとめ

今の職場に出会いがなくて悩んでいる人に、やるべきことを解説しました。

冒頭でも述べたとおり、「とにかく行動すること」が超重要です。

また、集まりなどに行くのも、一回や二回で諦めてはいけません。

参加し続けることによって、確実に多くの人と出会うことができます。

そこから、あなたに合う人を見つけ出しましょう!

 

以上です。最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました