職場でマウンティングしてくる人の心理と対処法【ストレス軽減】

職場でマウンティングしてくる人の心理と対処法【ストレス軽減】 職場の人間関係

こんにちは!ヤマヒロ(@yamahilog)です。

悩んでいる人
悩んでいる人
職場でマウンティングしてくる人がいて疲れる…。
マウンティングしてくる人にはどう対処すれば良いの?

こういったお悩みにお答えします。

 

本記事の内容
  • 職場でマウンティングしてくる人の心理
  • 職場でマウンティングしてくる人への対処法

上記について解説していきます。

 

この記事を書いている私も、10年ほどの中間管理職経験の中で、

  • マウンティングしてくる上司
  • マウンティングしてくる年上の部下

などと仕事をしてきました。

そんな経験から、

マウンティングしてくる人の心理と対処法を理解すれば、ストレスをかなり軽減できることが分かりましたので、この記事で解説していきます。

 

職場でマウンティングする人の心理

まずは職場でマウンティングする人の「心理」を見ていきます。

「マウンティング」とは、

自分が相手より優位であることを示すために、自分の優位性を誇示したり相手を威圧・攻撃するような言動をすることです。

 

マウンティングする人の心理は以下のとおりです。

  • 自分に自信がない
  • プライドが高い
  • 悪意のある嫌がらせ

それでは解説していきます。

 

自分に自信がない

マウンティングしてくる人の多くは、自分に自信がありません。

人によりその理由は様々ですが、

自分に自信がないからこそマウンティングをしてきます。

自分で自分の価値を認められないのです。

例えば、本人に自覚があるかは別として、

  • 学歴や収入
  • 特定の実績
  • 人脈

などで人より優位であることを誇示することで、自分に価値があることを示しているのです。

人は皆それぞれに価値がありますし、幸せの定義も人それぞれですよね。

でもマウンティングしてくる人は、一つの価値観や基準に縛られています。

なので、

「自分以外の他者が認められる」

 =「自分の価値が認められない」

と不安に思っているのです。

 

プライドが高い

プライドが高いことも、マウンティングの心理の一つです。

  • なめられたくない
  • 馬鹿にされたくない

などの思いからマウンティングしてきます。

誰かが褒められたり誰かの良い話を聞くと、対抗したくなってしまいます。

本質的には自分に自信がない場合と同じで、

「他者の優位」

 =「自分のプライドが傷付く」

という図式になってしまっています。

 

悪意のある嫌がらせ

3つ目のマウンティング心理は、嫌がらせです。

これは単に、嫌いな相手を貶める目的です。

構図は同じで、嫌いな相手に対して、

「自分の優位を示す」

 →「相対的に相手の価値を下げる」

という心理です。

このパターンの場合、悪意があるので、

威圧的・攻撃的な言動が目立ちます。

 

職場でマウンティングしてくる人への対処法

マウンティングしてくる人への対処法は簡単です。

同じ土俵で話をしないことです。

 

マウンティングしてくる人は、人間関係を上下や優劣など「縦」でとらえています。

そして、人間関係を「縦」でとらえている以上、その張り合いに終わりはありません。

あなたがそれに付き合う必要はないんです。

 

具体的な対処法は以下のとおり。

  • 相手にしない
  • 相手を認める
  • はっきり伝える
  • プライベートな話をしない

一つずつ解説していきます。

 

相手にしない

マウンティングしてくる人は

相手にしないのが一番です。

マウンティングする人は、自分で自分を認められない、ある意味ちょっとかわいそうな人です。

なので、いちいち反応せず、

「かわいそうな人だな」

「一つの価値観に縛られてるな」

と思って聞き流せると、かなり楽になれます。

悩んでいる人
悩んでいる人
でも、相手に付き合わされるのも疲れるし、利用されてるみたいで嫌だな。

という人は、

嫌だとはっきり伝えるか距離を取りましょう。

 

相手を認める

2つ目の対処法は、相手を認めることです。

マウンティングしてくる人は、

基本的に認めてほしいので、認められると喜びます。

相手の心理を理解してそれを満たしてあげれば、

  • 頻度が減る
  • 内容も軽くなる

など、こちらの対応が楽になります。

ただし、安易に褒めると悪化するリスクもあるので注意が必要です。

相手を認めるときは「行為」ではなく「存在」を認めてあげるようにしましょう。

 

はっきり伝える

3つ目の対処法として、はっきり伝えるのも良いです。

マウンティングしてくる人は無自覚なことも多いので、はっきり伝えることで自分の言動に気付き、マウンティングしなくなる場合もあります。

「迷惑です」とか直球が無理でも、

「いや別に競ってませんよw」

「人それぞれですからね」

などで対応するのもありです。

相手に悪意がなさそうなら伝えてみましょう。

 

プライベートな話をしない

予防的な対処法として、

極力プライベートな話はしないようにしましょう。

相手にマウンティングの材料を与えないということです。

相手に悪意がある場合は、特に注意しましょう。

仕事に関することだけでもストレスなのに、プライベートなことまでマウンティングされると、ストレスは非常に大きなものになります。

また、プライベートな話はトラブルに発展するリスクが高いので注意しましょう。

悩んでいる人
悩んでいる人
プライベートは
マジ勘弁…。

という方は、以下の記事を参考にしてください。

参考職場でプライベートを詮索・干渉されたときの対処法

参考職場のおしゃべりな人が迷惑!ストレス!対処法を解説します

 

対処が難しいときは

一人で対処ができない場合は、

遠慮せず上司に相談しましょう。

もし上司もあてにできず、

ストレスが解消できないなら早めに転職すべきです。

早めに動いた方が良い理由は、

  • 転職には、時間・お金・肉体・精神の負担がかかる
  • 追い詰められてからだと冷静な判断ができない
  • ストレスで「うつ」など病気になってからでは手遅れ
  • 嫌な仕事を続けるのは人生の無駄

です。

ギリギリまで我慢しても良いことはないですよ。

とはいえ、転職となると不安になりますよね。

なかなか決断できない人も多いです。

参考転職を決断する超簡単な方法【悩む原因と不安解消も解説】

でも今の時代、転職はそれほど特別なことではありません。

一年間で転職してる人ってどれ位いると思いますか?

351万人です。

これは2019年のデータでして、

過去最多です。総務省統計局より

みんな「より良い条件の仕事を探すため」に、どんどん転職しています。

 

転職を成功させるには?

さいごに、転職を成功させる上で重要なポイントをお伝えしておきますね。

転職を成功させるには、

  • 自己分析(価値観の明確化)
  • どの転職エージェントを使うか

が超重要です。

正しい自己分析ができていないと、

本当にあなたに合った仕事や会社が分からないまま転職してしまい、高確率で後悔します。

参考転職するとき仕事に対する価値観が超重要な話【経験者が語る】

参考【無料】精度は?ミイダスの市場価値&適性チェックをやってみた

 

また、転職エージェントは多数ありますが、

それぞれ強みやターゲット層が違うので、

利用者や転職成功者の年齢層も違います。

転職サービスを選ぶとき、ほとんどの人は色々と検索して調べますよね。

悩んでいる人
悩んでいる人
でも、どの転職サービスを
選べばいいかわからない…。
どのサイトも順位バラバラだし…。

その理由は簡単で、

多くの比較・ランキングページでは、

  • 誰に向けて
  • 何を基準に

比較・順位付けしたかが明確にされていないからです。

要は、登録されやすい、勧めやすいエージェントを紹介しているケースがほとんどです。

だから

『おすすめなのは分かるけど、本当に自分に合ってるの?』

『情報が多過ぎて結局決まらない…。』

ということが起きるわけです。

なので転職サービスを選ぶときは、

どんな基準で誰に向いたサービスなのかを意識して選んでください。

これだけでも転職の成功率は上がりますよ。

人気記事【最新版】本当におすすめの転職サービスランキング【”30代初めての人”向け】

 

以上です。最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

あなたにおすすめ職場に合わない人がいてストレス!たった一つの解決策を徹底解説

人気記事仕事を辞めたいと思ったら必見!辞める前に知っておくべき事まとめ

コメント

タイトルとURLをコピーしました