仕事で人生に疲れたときの考え方や対処法【人生を変えるチャンス】

仕事で人生に疲れたときの考え方や対処法【人生を変えるチャンス】 仕事の悩み解決

こんにちは!ヤマヒロ(@yamahilog)です。

悩んでいる人
悩んでいる人
仕事が辛い…。
全然楽しくない。
自分の人生はこのまま
終わってしまうんじゃ…。
誰か助けて。

こういったお悩みにお答えします。

 

この記事を読めば、

今あなたがやるべきことが分かり、人生が少し前進するはずです。

本記事の内容
  • 仕事で人生に疲れてしまう理由
  • 仕事で人生に疲れたときの対処法
  • 仕事で人生に疲れたら人生を変えるチャンス
  • 人生に疲れたら仕事を辞めても大丈夫な理由

 

はじめに結論を言っておきますが、

人生が疲れてしまうほどの仕事は辞めてください。

過労死やうつ病による自殺などがニュースになったりしますが、

そこまで無理して仕事を続ける必要は全くありません。

辛かったら辞めても全然大丈夫です。

 

この記事を書いている私は、

30代で初めて転職を経験。

30代からの3年ほどで4つも仕事を変える。

現在は個人である程度自由に仕事をしています。

そんな私の経験をもとに、

仕事で人生に疲れたときの考え方や対処法をお伝えします。

 

仕事で人生に疲れてしまう理由

まず、なぜ仕事で人生に疲れてしまうのか。

その理由・原因を理解しておきましょう。

ざっくり言って以下の2つです。

  • 仕事が合っていない
  • 仕事は人生の1/3を占める

順番に解説していきます。

 

仕事が合っていない

そもそも、

人生に疲れてしまうような仕事はあなたに合っていません。

人生に疲れてしまう場合、

そのほとんどが「精神的に」疲れたときだからです。

もちろん体力的な理由から人生に疲れることもあるとは思います。

しかし、多くの場合、

  • 労働環境が劣悪
  • 人間関係が辛い
  • 結果が出せない
  • 楽しくない
  • やりがいを感じない
  • 適正に評価されない
  • ハラスメントを受けている

などの状況があって、

精神的に辛いという理由から人生に疲れてしまうのです。

そして、上記のような状態になってしまうのは、

  • 会社の社風が合っていない
  • 仕事の内容が合っていない

などが原因です。

これは言い換えれば、

自分に合った仕事や会社を選べていないだけということです。

参考自分に合った仕事の選び方がわからない人必読!選ぶ基準3選

 

個別の悩みを解決したい方は以下からどうぞ。

«「仕事の悩み解決」記事一覧を見る

 

仕事は人生の1/3を占める

仕事で人生に疲れてしまう2つ目の理由は、

仕事が人生の大きな割合を占めるからです。

その割合は、およそ1/3です。

参考人生で仕事に費やす時間は76,583時間!気になる割合は?

正確に言うと、睡眠時間を除いた

  • 起きている時間
  • 活動している時間
  • 意識がある時間

の1/3です。

ですが、

この計算には通勤時間などは含まれていません。

さらに言うと、パートタイマーの方なども含まれた数字なので、

正社員の方や残業が多い方などは、もっと多い割合になります。

 

これほど人生の中で多くの割合を占めているので、

【仕事が疲れる=人生に疲れる】

となってしまうわけです。

 

仕事で人生に疲れたときの対処法

ここからは、

仕事で人生に疲れたときの「対処法」についてお伝えしていきます。

 

対処法は基本的に今の仕事を辞めること

基本的に、

人生に疲れてしまうほどの仕事なら、ほぼ辞めるしかないと思います。

一時的にストレス解消しても、根本的な解決にはなりません。

悩んでいる人
悩んでいる人
そんな簡単に言われても…。

もちろん、守るものがあったり、今すぐ辞めるのは難しい人もいるでしょう。

しかし、現実として、

決断を先延ばしにすればするほど、

  • 年齢などで取れる選択肢が減る
  • 早く動いた人との差が広がる

など、後悔の原因になります。

参考あなたが転職を決断できない理由と解消法を解説します

参考転職を決断する超簡単な方法【悩む原因と不安解消も解説】

 

どうしても辞めるのが不安な人は、

記事の後半で、仕事を辞めても大丈夫な理由も解説しますので、続けてお読みください。

 

自分と正直に向き合う

対処法は基本的に今の仕事を辞めることですが、

ただ闇雲に辞めるのはNGです。

もう一つの対処法として、

この機会に、自分と真正面から向き合いましょう。

仕事で人生に疲れてしまったときは、

  • 自分が本当にしたいことが出来ていない
  • 自分が本当にしたいことが分からなくなっている

からです。

この機会に再確認する必要があります。

 

その際に一つ注意が必要なのですが、

世間体とか一般論とかは考えないでください。

世間体や一般論を優先して自分の本当の気持ちを抑えてしまうと、

結局は自分に嘘をつくことになるので、高確率でまた疲れます。

とにかく自分と「正直に」向き合いましょう。

その上で、本当に今の仕事でなければいけないのか考えてみましょう。

 

仕事で人生に疲れたら人生を変えるチャンス

ここからは、

仕事で人生に疲れたときの「考え方」についてお伝えしていきます。

仕事をしていると、

『いつまでこんなことを続ければいいんだろう』

『自分は何のために生きているのか』

とか考えてしまいますよね。

私もそういうときがありました。

仕事で人生に疲れたときは、ネガティブになりがちです。

なので、まずはポジティブに考えましょう。

実際に、仕事で人生に疲れたときは「人生を変えるチャンス」です。「転換のサイン」とも言えるかもしれません。

私の人生を振り返ってみても、

人生の転換期には、「仕事疲れ」や「人生疲れ」がありました。

なぜチャンスなのか、そのあたりを解説していきます。

 

自分の人生を真剣に考えるきっかけになる

仕事で人生に疲れたときは、

自分の人生をいま一度真剣に考えるきっかけになります。

普段の生活の中で、

自分の人生について真剣に考える時間や機会ってあまり無いと思います。

私もそうですが、

仕事やプライベートのやることに追われたりして、日常に流されてしまうからです。

ですが、仕事で精神的・肉体的に疲れてくると、

「自分は何でこんなに疲れることをしているのか」などと、

ほぼ強制的に仕事と人生について考えますよね。

なので、このタイミングを自分と向き合う「きっかけ」「チャンス」と捉えましょう。

参考仕事が合わない、辞めたいと思うのは甘え?実はチャンスな話

 

仕事が変われば人生が変わる

仕事が変われば人生が変わります。

多くの人にとって、仕事は人生の中で大きな割合を占めているからです。

やりがいや人間関係などもそうですが、

特に時間の部分が大きいでしょう。

これはすでに述べたとおりですが、

私たちが活動している時間のうち、最低でも1/3以上の時間は仕事に費やしています。

人によっては、もっと多くの時間を費やしているでしょう。

人生の中で、それだけ多くの時間を費やしているものですから、

必然的に仕事が変われば、人生が変わるのです。

つまり、たとえ今の仕事で人生に疲れてしまっていても、

仕事を変えることによって人生を変えることが出来るのでチャンスなのです。

参考人生で仕事に費やす時間は76,583時間!気になる割合は?

 

人生に疲れたら仕事を辞めても大丈夫な理由

ここからは、

  • どうしても仕事を辞めるのが不安
  • なかなか決断できない

という人のために、

仕事を辞めても大丈夫な理由をお伝えしていきます。

 

収入を得る方法はたくさんあるので大丈夫

現代では、収入を得る方法はたくさんあります。

今まで当たり前だった、

いわゆる「会社員的な労働」をしなくても、お金を稼いでいる人はたくさんいます。

例えば、

  • YouTubeやブログ、SNSやライブ配信アプリなどで発信
  • 不用品販売などネット物販
  • 自分のスキルや得意なことでクラウドソーシング受注

などなど。

ネットのおかげで非常に簡単にできるようになりました。

多くの人はお小遣いレベルの収入かもしれませんが、

その分、次の仕事で給料が下がっても生活に支障が出ないので、仕事の選択肢も広がります。

複数の収入源を持つことでリスクも分散できます。

参考これからは趣味や遊びを仕事にした方が良い【理由と方法】

 

生活コストを下げられるので大丈夫

今の時代、

工夫すれば生活コストをかなり減らすことができます。


転職で収入が減るのが不安な人もいると思いますが、

工夫次第でどうにでもなる時代です。

別に海外にいけなくても大丈夫です。

例えば、

  • シェアハウスに住んでみる
  • 車やバイクをシェアリングサービスに切り替える
  • スマホを格安SIMに変える
  • 電気・ガス・水道・通信など契約の見直し
  • ポイントサービスやキャンペーンの活用

などなど、

固定費をはじめ、生活コストを下げる方法はたくさんあります。

私も転職を機にスマホを格安SIMに変更したり、利用頻度の少ないバイクを手放したりしました。

今でもキャッシュレスをはじめ、ポイントサービスの活用、契約の見直しなどで生活コストを下げています。

とても便利な時代になっているので、ぜひ有効活用しましょう。

 

辞めて後悔した仕事はないので大丈夫

これはあくまで私の経験上ですが、

30歳からの3年ほどで4つも仕事を辞めてきました。

ですが、

辞めて後悔した仕事は一つもありません。

その理由は、

やはり自分にとって人生に疲れてしまう仕事だったからです。

実際、仕事を辞めてもたいてい何とかなります。

探せば仕事はたくさんありますし、すでに述べたとおり、工夫すれば生活コストも抑えることが出来ます。

何より人生に疲れてしまったとき、自分と向き合って、自分が本当にやりたいことや実現したいことを重視して選択した結果ですので後悔はありません。

なので、この記事を読んでくれているあなたも、

人生に疲れてしまうほど今の仕事が辛いなら辞めても大丈夫です。

 

転職について知っておくべきこと

ちょっとでも人生を変えたいと思ったら、

早めに動き始めましょう。

早めに動いた方が良い理由は、

  • 転職には、時間・お金・肉体・精神の負担がかかる
  • 追い詰められてからだと冷静な判断ができない
  • ストレスで「うつ」など病気になってからでは手遅れ
  • 辛い仕事を続けるのは人生の無駄

です。

ギリギリまで我慢しても良いことはないですよ。

もちろん不安はあると思います。

でも今の時代、転職はそれほど特別なことではありません。

一年間で転職してる人ってどれ位いると思いますか?

351万人です。

これは2019年のデータでして、

過去最多です。総務省統計局より

みんな「より良い条件の仕事を探すため」に、どんどん転職しています。

 

良い転職先を見つけるコツ

さいごに、良い転職先を見つけるコツをお伝えしておきますね。

良い転職先を見つけるには、

  • 自己分析(価値観の明確化)
  • どの転職エージェントを使うか

が超重要です。

正しい自己分析ができていないと、

本当にあなたに合った仕事や会社が分からないまま転職してしまい、高確率で後悔します。

参考転職するとき仕事に対する価値観が超重要な話【経験者が語る】

参考【無料】精度は?ミイダスの市場価値&適性チェックをやってみた

 

また、転職エージェントは多数ありますが、

それぞれ強みやターゲット層が違うので、

利用者や転職成功者の年齢層も違います。

転職サービスを選ぶとき、ほとんどの人は色々と検索して調べますよね。

悩んでいる人
悩んでいる人
でも、どの転職サービスを
選べばいいかわからない…。
どのサイトも順位バラバラだし…。

その理由は簡単で、

多くの比較・ランキングページでは、

  • 誰に向けて
  • 何を基準に

比較・順位付けしたかが明確にされていないからです。

要は、登録されやすい、勧めやすいエージェントを紹介しているケースがほとんどです。

だから

『おすすめなのは分かるけど、本当に自分に合ってるの?』

『情報が多過ぎて結局決まらない…。』

ということが起きるわけです。

なので転職サービスを選ぶときは、

どんな基準で誰に向いたサービスなのかを意識して選んでください。

これだけでも転職の成功率は上がりますよ。

人気記事【最新版】本当におすすめの転職サービスランキング【”30代初めての人”向け】

 

今回は以上です。

この記事があなたの参考になれば嬉しいです。

 

 

人気記事仕事を辞めたいと思ったら必見!辞める前に知っておくべき事まとめ

コメント

タイトルとURLをコピーしました