仕事が合わない、辞めたいと思うのは甘え?実はチャンスな話

仕事が合わない、辞めたいと思うのは甘え?実はチャンスな話 仕事の悩み解決

こんにちは。ヤマヒロ(@yamahilog)です。

今回は…

悩んでいる人
悩んでいる人
今の仕事が合わないと感じて、
辞めたいと思ってるけど、
それって甘えなのかなぁ?
辞めても大丈夫か不安なので
判断基準とか退職理由とか
どうすべきか知りたい…。

 

こういったお悩みにお答えします。

【この記事の内容】
・仕事が合わないのは甘えじゃない理由を解説
・仕事が合わないのは甘えではなく実はチャンス
・仕事が合わない。で辞めても大丈夫?判断基準を解説
・退職理由はどうすればいい?前向きな理由に変換せよ

 

「この仕事、どうも合わないな…」

「楽しくないし、やりがいも感じない…」

私も今まで、こんなことをたくさん考えてきました。

そして、同時に

「自分が甘いのかな…」

なんて考えたりもしますよね。

結論から言って、

「甘えではありません」

むしろチャンスと捉えるべきです。

この記事を読めば、「自分は甘いのかな」と悩むこともなくなり、自分に本当に合った仕事が分かるようになります。

 

この記事を書いている私は、30代で「4つ」仕事を辞めています。

一つ目は転職で、二つ目は独立で、3つ目と4つ目は事業からの撤退です。

その間およそ3年ほど。

色々やってみるものの「合わない」と感じて辞めてきました。

あなたと同じ悩みに直面し、今では自分がやりたい仕事が分かるようになりました。

そんな私の経験を踏まえて解説していきます。

 

仕事が合わないのは甘えじゃない理由

「仕事が合わない」とか「仕事を辞めたい」と言うと、「甘い」という人がいますよね。

本当に甘えなのでしょうか?

もう一度結論を言っておくと、甘えではありません。

理由は以下のとおり。

・仕事が合わないという人は意外と多い。あなただけじゃない

・「皆同じだから甘えだ」という考えは危険

順番に解説します。

 

「仕事が合わない」はあなただけじゃない

そもそも「仕事が合わない」なんて誰もが一度は思うことですよね。

あなただけではありません。

仕事の内容や社内の雰囲気など、実際に働いてみないと分からないからです。

もちろん、ある程度までは事前に分かるかもしれません。

しかし、業務の細かいやり方や社内の雰囲気、人間関係など多くのことは事前に分かりません。

実際に日々業務にあたっていく中で、

「イメージと違うな」

「求人内容にない仕事がある」

などということもあるでしょう。

それは仕方のないことです。

私の場合、スーパーマーケットに転職したとき、事前に店舗見学などもしていましたし、知人から業務内容などざっくりは聞いていました。

しかし実際に働くと、ピーク時の忙しさや従業員のピリピリした雰囲気など、事前の認識とはかなりギャップを感じました。

他にも

・希望の部門に配属されない

・店舗や部署の異動

・プライベートの買い出しを頼まれる

など、仕事が合わないと思うシーンは多々あります。

なので、仕事が合わないと思うのはあなただけじゃないです。

多くの人が感じることを同じく感じているだけなので、甘えではありません。

 

「皆同じだから甘えだ」という考えは危険

仕事が合わないと言うと、

「仕事が合わないなんてよくあることだ」

「皆それでも頑張って仕事をしている」

「そんなことでは他で通用しないぞ」

などと言ってくる人もいるでしょう。

つまり、「皆も我慢しているんだから、お前も我慢しろ」ってことになります。

これは非常に危険です。

あなたが少数派だからといって間違っているとか甘えているわけではないのでご安心ください。

最近ではうつ病や過労死の問題などがかなり認識されていますが、我慢を続けてストレスにさらされ続けることは大きなリスクです。

我慢した挙句、病気になってしまったら「甘えだ」と言った人は責任を取ってくれるでしょうか?

答えはNOですよね。

そんなことを、「皆がしているからそれをしない奴は甘えている」というのはおかしいです。

なので、仕事が合わないからといって甘えではありません。

以下の記事も参考にしてください。

 

仕事が合わないのは甘えではなく実はチャンス

仕事が合わないと感じるのは、実はチャンスです。

理由は以下のとおりです。

・自分と向き合うきっかけになる

・行動を起こすきっかけになる

順番に解説していきますね。

 

自分と向き合うきっかけになる

仕事が合わないなぁと感じたら、自分と向き合うチャンスです。

合わないと感じているということは、

・思ったように結果が出ない

・やりがいが感じられない

・仕事を楽しめていない

など、何かしら現状に不満があるからでしょう。

現状に不満や問題があるということは、成長のチャンスです。

現状に満足してしまっている人は成長しません。

これを機に自分と向き合いましょう。

 

例えば、私は仕事が合わないと思ったときに、

・自分がなぜ仕事が合わないと思うのか

・自分の目標と仕事にズレがないか

・不満や問題を解決するために自分ができることはないか

・自分が何にやりがいや楽しさを感じるか

など、色々考えました。

なので、仕事が合わないと思ったときは、今の自分と改めて向き合えるチャンスなのです。

 

行動を起こすきっかけになる

仕事が合わないと思うのは、行動を起こすチャンスでもあります。

なぜなら、何もなければ人はなかなか新しいことをやらないからです。

特に、ネガティブなことは行動するエネルギーになります。

過去の私は日常に流されてあまり行動できないタイプでした。

そんな私と同じように、世の中には思っていても行動には移さない人が多いです。

そんな中、仕事が合わないと思っているあなたは、一歩先に行動するチャンスなのです。

もし今まで仕事に本気で取り組んでなかったのなら、一度思い切り仕事に取り組んでみても良いでしょう。

本気でやってみたら自分の中で何かが変わるかもしれません。

もちろん、「思い切って仕事を変えてみる」とか「いきなり辞めなくても副業を始めてみる」というのも有りです。

せっかく自分と向き合い行動するチャンスなので、ぜひ実行しましょう。

 

仕事が合わない。で辞めても大丈夫?判断基準を解説

ここからは、辞めるべきかの判断基準について解説します。

 

基本的に辞めても大丈夫

理由はいくつかありますが、

私の経験談として

・辞めても意外と後悔しない

・合わない仕事を続けるメリットがほぼない

・時代は変わっている

上記が主な理由です。

この部分をもう少し詳しく知りたい人は、嫌な仕事でも我慢すべき?転職すべき?続けるメリットはない話で解説してますので参考にしてください。

 

辞めるべきかどうかの判断基準

判断基準は以下のとおりです。

・仕事が合わない原因が改善できない

・今の仕事のストレスが強い

・自分のゴールや目標に向かっていない

上記の場合は「辞めるべき」です。

とはいえ、上記の判断をするためには、

・仕事が合わない原因

・自分にとってのゴールや目標

などが自分の中で明確になっていないといけないですよね。

分かっている人はOKですが、まだ明確でない人は次を読んでください。

 

仕事が合わないと感じたらまずやるべきこと

仕事が合わないと感じたら、まずやるべきこと

①合わない原因の特定

②仕事に対する価値観の明確化

③改善のための行動

です。

悩んでいる人
悩んでいる人
具体的に
どうやれば良いの?

という人は、仕事に情熱がなくなったとき辞める?続ける?対処法を解説を参考にしてください。

 

退職理由はどうすればいい?前向きな理由に変換せよ

さいごに、仕事が合わなくて辞めるとき「退職理由」はどうすれば良いの?

という疑問にお答えします。

答えは「前向きな理由に変換する」です。

現状の不満などネガティブな理由のままで転職すると高確率で失敗しますし、前向きな理由にした方が転職活動も上手くいきます。

このあたりは、私の体験談30代で転職した私が失敗したと感じたこと3選【体験談】で解説しています。

具体例としては、あくまで一例ですが、

「会社や上司の仕事の進め方が合わない」だとしたら、「もっと責任と裁量のある環境で自分を成長させたい」などに変換する

とかですね。

前向きな理由への変換には、すでに述べた「原因の特定」「価値観の明確化」が必要です。

辞める判断にも転職理由にも必要なので、自分の中で明確にしておきましょう。

 

辞める決意をしたら早めに転職の準備を

辞める決意をしたら早めに転職の準備をしておくことをおすすめします。

「すぐに転職する気がなくても」です。

なぜなら、転職活動にはかなり時間がかかるからです。

平均3ヶ月前後と言われていますが、それ以上にかかる人も多いです。

さらに転職活動は、時間だけでなく肉体的にも精神的にもけっこうエネルギーを使います。

なので、ストレスや疲労が限界を迎えてから動き始めると正直かなり消耗します。

また、時間的・精神的・肉体的に余裕の無い状態では、絶対に冷静な判断ができません。

結果として、良い転職ができないというリスクがあります。

転職に失敗する確率が上がります。

仕事が合わないなぁと思ったら早めに転職サイト・エージェントに登録しておくと安心です。精神的にも余裕ができますよ。

もちろん転職サイト・エージェントの登録は無料ですし、あなたの条件に合った求人案件を事前に得ておくことで、良い求人情報を逃さないことに繋がります。

事前対策として登録だけは済ませておきましょう。

ちなみに、私が30代で転職したときに利用していたのは、DODA(デューダ)リクナビNEXTリクルートエージェントでした。

転職サイト・エージェントによって求人案件や得意分野などが異なるので、一般的に多くの人は複数のサービスを同時に利用しています。

他にも転職に際して押さえておくべき事は多いです。

不安や疑問がある方は、仕事を辞めたいと思ったら必見!辞める前に知っておくべき事まとめをチェックしてみてください。

 

以上です。最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました