人間関係が崩れる理由は簡単です【対処法も解説】

人間関係が崩れる理由は簡単です【対処法も解説】 人間関係

こんにちは!ヤマヒロ(@yamahilog)です。

悩んでいる人
悩んでいる人
対人トラブルでゴタゴタしてて
人間関係が崩れそう…。
良い関係を継続するには
どうしたらいいんだろう?

こういったお悩みにお答えします。

本記事の内容
  • 人間関係が崩れる理由は簡単です
  • 人間関係が崩れそうな人が注意すべきこと
  • 人間関係を崩さない方法

 

この記事を書いている私は、

人間関係のトラブルがほとんどありません。

なぜなら、人間関係のトラブルを未然に防ぐ方法を知っているからです。

この記事を読めば、あなたもトラブルから解放される方法が分かります。

人間関係が崩れる理由については本当に簡単なので、さらっと読み流していただいても構いません。

その後にお伝えする「注意すべきこと」や「対処法」は、ぜひ読んでいただきたい内容となっています。

 

人間関係が崩れる理由は簡単です

まず、人間関係が崩れる理由は大きく分けて2つです。

簡単です。

自分か相手のどちらかが、

  • 信頼を失ったとき
  • ストレスを感じたとき

です。

ここから人間関係は崩れていきます。

では、

  • 信頼が失われるとき
  • ストレスを感じるとき

とは、どんなときなのか例を挙げましょう。

 

約束が守られなかったとき

約束が守られないと信頼が失われます。

当然ですね。

約束とは、基本的に相手があるものです。

その取り決めやルールを破れば、次の約束も守られない可能性があるので信頼できません。

一番信頼が失われやすいのは、金品の貸し借りでの約束ですね。

「金の切れ目が縁の切れ目」という言葉もある位ですから。

あと男女間のトラブルですね。

このあたりは一発アウトではないでしょうか。

その他、

  • コミュニティーで共有しているルール
  • 恋人・夫婦間での決め事

などなどですね。

 

時間にルーズ、嘘をつく

時間にルーズ、嘘をつく、という行為も人間関係が崩れる理由です。

これも当然ですね。

こういった人と人間関係を続けていくときに、

何を基準に信頼関係を築けばよいか分からないですね。

待ち合わせなどが分かりやすい例ですが、

その他、日頃から、

  • 返信が遅い
  • 連絡が取れない

などもここに含まれます。

 

相手を否定・干渉する、束縛する

相手を否定・干渉する、束縛する行為は人間関係が崩れます。

このような行為に対し相手はストレスを感じます。

人間関係のトラブルは、

他者の課題に介入することで発生します。

当然、

  • 一緒にいて疲れる
  • ストレスを感じる

ような人間関係は続けられません。

その他にも、

  • 見下す
  • 馬鹿にする
  • 威圧する
  • 必要以上にいじる

などたくさんありますね。

 

人間関係が崩れそうな人が注意すべきこと

ここからは、

  • 今まさに人間関係が崩れそう
  • 最近まわりの態度が変わった気がする

などという人に注意すべきことをお伝えします。

ここまでで述べた内容に当てはまる行為をしていないか、あるいはされていないか思い返してみて下さい。

相手にされている場合、取るべき行動は2択です。

  • 今の自分の不満を正直に伝える
  • 距離を取る

です。

もし自分に思い当たる部分があり、

その人間関係を崩したくないのなら、早急に改善しましょう。

 

伝えることの重要性

改善することはもちろん必要なのですが、それを伝えることが非常に重要です。

改善すると決めたら、すぐにその思いを正直に相手に伝えることで信頼が増します。

すでに相手から指摘されている場合は、

まず今までのことに謝罪し

「今後こういう風に直していく」

と伝えます。

自分で気付いて改善する場合は、

「こういうところ良くなかったよね、自分でもそう思ったので直していくね」

などですね。

こういった言葉はなかなか言えない人もいると思いますが、

伝えるのと伝えないのでは雲泥の差がありますので、ぜひ積極的に伝えて下さい。

悩んでいる人
悩んでいる人
指摘されたわけじゃないし、言いづらい…。

などという理由で伝えない場合は、リスクがあります。

例を挙げると、

せっかく自分で直そうと思って頑張っているときに、タイミング悪く相手から指摘された場合です。

  • 「自分は頑張っているのに」
  • 「今直そうとしてたのに」

という思いから感情的になってケンカに発展する可能性があります。

伝えた場合 むしろ信頼が増す可能性あり
伝えない場合 最悪ケンカの可能性あり

人間関係が崩れそうで改善したい方は、

必ず相手に「自分の気持ちと今後」を伝えましょう。

参考【簡単】自分の意見を言えない、言うのが苦手な人へ。上手に伝える方法

 

人間関係を崩さない方法

これは、人間関係が崩れる理由の逆と考えれば良いのですが、

実はそれだけでは不十分です。

もっと前の段階から予防していく必要があるんです。

原因となる行動をしないための考え方ともいうべき部分を解説していきます。

 

できるだけ約束をしない

できるだけ安易な約束をしないようにしましょう。

理由は、極端な言い方をすると、

約束をしなければ守らなくても良いからです。

いい加減に聞こえるかもしれませんが、こう考えてみて下さい。

  • 安易にできない約束をして、結果守れない人
  • 予め、それはお約束できません。と正直に断る人

どちらの人が信頼できますか?

私は後者の人の方が信頼できます。

正確に言うと、

守れない可能性のある約束はしないようにしましょう。

ということですね。

これが徹底できれば、

「約束を破ってしまい関係が崩れる」ということを未然に防ぐことができます。

 

正直に生きる

約束と共通する部分もありますが、とにかく自分にも相手にも正直に生きましょう。

理由は、不必要な嘘や約束をしないで済むからです。

今までお伝えしてきたとおり、安易に約束をしたり嘘をついたりすることは信頼を失う原因になります。

原因を作らないためには「正直であること」が必要です。

相手に

  • 良く思われたい
  • 嫌われたくない

などの理由から自分を偽っていると、分かる人にはすぐ分かります。

あとでボロが出て、より大きなトラブルに発展するリスクもあります。

なので、正直に生きることをオススメします。

 

多様性を受け入れる

人を否定しない束縛しないためには、多様性、人それぞれ価値観が違うことを受け入れましょう。

現代は「個」の時代です。

個人がメディアを持ち、どんどん自分を発信していく。それをたくさんの人が見て、共有していく。

これからもこの流れは加速します。

そんな時代に人を一定の枠にはめ込んで判断していくことはナンセンスと言えるでしょう。

  • 否定・干渉、束縛
  • 相手にストレスを与える

などは、多様性を受け入れられないことが理由として大きいです。

多様性の理解にうってつけの「最強の法則」があります。

参考【人間関係の悩みから解放】最強の法則「2:6:2の法則」

 

その他、自分の目標を持つことも有効です。

自分の目標に一生懸命になれると、相手のことも尊重できます。

それが多様性の許容にもつながり、結果として人間関係を崩さない方法となります。

参考人間関係がうまくいかない人はこれだけやればOK

参考やりたいことや好きなことが見つからない!見つける方法と考え方

 

まとめ

この記事の内容をもう一度まとめます。

  • 人間関係が崩れる理由は簡単
  • ・約束が守られなかったとき
    ・時間にルーズ、嘘をつく
    ・相手を否定・干渉する、束縛する

  • 人間関係が崩れそうな人が注意すべきこと
  • ・自分に改善点があるならすぐに改善する
    ・自分の気持ちを正直に伝える

  • 人間関係を崩さない方法
  • ・できるだけ約束をしない
    ・正直に生きる
    ・多様性を受け入れる

この記事が参考になれば嬉しいです。

以上です。最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました