キャラ作りに失敗してしまった人への対策3選

キャラ作りに失敗してしまった人への対策3選 人間関係

こんにちは。ヤマヒロ(@yamahilog)です。今回は…

職場や学校でのキャラ作りに失敗した。
いつの間にかイジられキャラになってしまった。
今さらキャラを変えられない…。
人間関係で得するキャラなりたい。

などといったお悩みをお持ちの方に、対策をお伝えします。私自身も学校や職場でキャラの確立に失敗した経験がありますが、現在はかなり楽に生きています。

結論:キャラ作りは必要ない

ちょっと分かりづらいかもしれませんが、キャラ作りを考えている、キャラ作りに失敗したと考えている時点で間違っているということです。

とはいえ、この記事を見てくれている方は、現状の自分のキャラというかポジションにストレスがあると思いますので、対策を書いていきます。

ご興味のある方は是非読み進めてみてください。

前提:キャラを制限しているのは自分

まず前提として、自分のキャラを制限しているのは自分だということを自覚しましょう。

自分はそんなキャラじゃないから…。
こんなこと言ったら(したら)、変に思われるかも…。

これは単なる思い込みです。他者から直接指摘などされていないなら、自分の想像に過ぎません。万が一、自分以外の人に自分を制限されているなら、その人との関係を考えるべきでしょう。

対策①:自分というキャラ作りをやめる

そもそも自分というキャラを自分で作らなければ、キャラ作りに失敗するということすら発生しません。

他者からも同じイメージを作られやすい

自分で自分を制限してしまうと、その範囲内での言動になってしまうため、周りから見ても同様のイメージを作られやすいです。そして、周りからのイメージが出来てしまうと、それ以外の言動がしづらくなり、キャラ作りに失敗したと思ってしまうわけです。

まずは自分の意識から変えましょう。

対策②:付き合う人を変える

どうしても今の自分のキャラから抜け出せない。という状況で、それがストレスなら、付き合う人を変えることも対策の一つです。

もし、人間関係を一度整理してみようと思った方は、人間関係がめんどくさい!整理したい人へ考え方や方法を解説を参考にしてみてください。

新しい人間関係なら、まだあなたのキャラに対して固定イメージを持っていないので、有効な方法ではあります。ただし、前述したとおり根本的な解決にはならないので、あまりオススメはしません。

あなたを制限してくる人とは距離を置きましょう

もし、あなたが変わろうとしているときに、あなたの言動を否定したり馬鹿にしてくる等、制限をしてくるような相手ならば、距離を置くべきでしょう。

対策③:イジられないために

この記事を読んでくれている方の中には、自分なんて制限してないし普通にしてたらいつの間にかイジられキャラになってた。という方もいるでしょう。

私もイジられるのは、あまり好きじゃないので、ストレスだったりします。とはいえ、放っておくとイジってくる人もいるので、イジられないために私が実践している対策をお伝えします!

※私の知人には、自分がイジられて笑いが起きるなら嬉しい。という方もいます。そういった方は読み飛ばして下さい。

・過剰に反応しない

これが一番重要です。というか、ほぼ全てです。

イジりに対して、過剰に怒ったり、面白いリアクションをすると、さらにイジられます。理由は簡単です。基本的にイジる側としては、イジることによって笑いが起きたり、場が盛り上がることが目的です。一部、自分の欲求を満たすためだけの人もいますが。

なので具体的には、
・「うん、そうだね」等とすぐに同意してしまう。
・つまらない返しをして短く済ませる。
などが有効です。

ポイントは「短時間で終わらせる」「つまらない」です。イジる側にメリットが無ければ大してイジられなくなります。こちら側に責任を押し付けられることもありますが、イジられないためにはそこで屈してはいけませんw

・直接言う

これも有効です。私も言ったことがありますが、「俺、イジられるの好きじゃないからやめて」等と直接言います。よほどひねくれている人でなければ、やめてくれるでしょう。

・無視する

上記の対策を試してもダメなら最終手段ですね。私の場合、上記の対策で分かってもらえない人とは既に距離を置いていると思いますがw

まとめ:人間関係で得するキャラとは

まずは、自分自身を制限する意識を変え、キャラを作るということをやめましょう。その過程で、場合によっては付き合う人を変える必要もあるかもしれません。また、イジられないためには過剰に反応せず、嫌ならしっかり相手に伝えるということが重要です。

何より自分を偽らず、他者に迎合しないことが一番楽ですね。

人それぞれ得だと思うキャラやポジションは違うと思いますが、私は「得する=ストレスが少ない」という意味で、「正直者」が一番得だと思っています。自分にも相手にも正直に。

あとは伝え方のテクニックですね。苦手な方はこちらの記事を参考にして下さい。
【簡単】自分の意見を言えない、言うのが苦手な人へ。上手に伝える方法

これを実践すれば、信頼もされるし、トラブルも避けられる、限りなくストレスの少ない人間関係が築けます。

この記事を読んでくれた方の人間関係が、少しでも改善されれば幸いです。最後までご覧いただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました