30代で転職した私が失敗したと感じたこと3選【体験談】

30代で転職した私が失敗したと感じたこと3選【体験談】 転職ノウハウ

こんにちは。ヤマヒロ(@yamahilog)です。

今回は…

悩んでいる人
悩んでいる人
30代で転職を考えているけど
失敗したくない…。
30代で実際に転職した人の
体験談が知りたいなぁ。
どんなことに気を付ければ
失敗しないのかなぁ?

 

こういったお悩みにお答えします。

【この記事の内容】
・結論:転職は後ろ向きではなく前向きにしないと失敗する
・30代で転職した私の失敗3選【体験談】

 

この記事を書いている私は、30代で転職を経験しました。

大学卒業後、ずっと一つの会社で働いてきたので、30代で初めての転職をすることにとても不安がありました。

この記事を見てくれているあなたも、きっと不安があると思いますので先に言っておきますが、30代でも転職は全然できますので安心してください。

30代で会社を辞めたい人がやるべきこと!転職や独立は可能?の記事もあわせて読んでいただけると参考になります。

とはいえ、実際に転職してみて「失敗した」と感じたこともあります。

この記事では、私の実体験から失敗したと感じたことを解説していきます。

ぜひ、私を反面教師にして、あなたの転職を成功させてくださいね。

 

結論:転職は後ろ向きではなく前向きにしないと失敗する

結論から言いますと、「後ろ向きな理由で転職すると失敗と感じやすい」です。

理由はこの後、私の体験談でも詳しくお伝えしますが、現状の不満から考え始めると「自分が今後どうしたいのか」ということが後回しになりがちです。

そうすると、転職後も本当に自分がやりたいことができず、結局また別の不満が出てきてしまう可能性が高いです。

たとえ現状の不満など後ろ向きな理由から転職を考え始めても、前向きな理由に変換することが大事です。

以下の記事も参考にしてください。

【あわせて読みたい】

 

30代で転職した私の失敗3選【体験談】

それでは、30代で転職を経験した私が失敗したと感じたこと3選をお伝えしていきます。

私の失敗は以下のとおりです。

・失敗①:転職前の会社の足りない部分を求め過ぎた

・失敗②:リサーチ不足

・失敗③:要らない資格を取ってしまった

初歩的な失敗もありますが、一つずつお話していきます。

 

失敗①:転職前の会社の足りない部分を求め過ぎた

転職を考えている人の多くが、基準としていることの一つだと思います。

転職前の会社に足りない部分を転職先に求めることは当然のことですし、間違いではありません。

しかし、その部分ばかりに気を取られてしまうと失敗しやすくなってしまいます。

私の場合をお話しします。

 

総合的な判断が出来ていなかった

私の場合、不安を感じていた部分が2つありました。

①業界の将来性

②会社のポストの多様性

私は当時、某アミューズメント業界に勤めていたのですが、規制がどんどん厳しくなり業界全体が縮小していきました。

また、社会的にも好き嫌いが大きく分かれる業界でもあったので、将来性に不安を感じていました。

会社のポストについては、地域に数店舗を経営する小さな会社でしたので本部にポストは無く、エリアマネージャー・ブロックマネージャーのようなポストも無し。

ポストとしては店長が最高でした。

転職を考えているときは色々悩んでいたつもりでしたが、結果的に、ほぼこの2つを満たすことだけにフォーカスしていました。

 

最終的に転職先に選んだのは、スーパーマーケットでした。

店舗管理の経験が活かせるとも思いましたし、衣食住の一つである「食」の業界なので社会的にも存在意義がありました。

都心部では皆が知っている位の規模の会社でしたので、店舗だけでなく本部にもたくさんの部署とポストがありました。

しかし、いざ働いてみると、自分があまりにもスーパーの仕事に興味が湧かないことに驚きました。

前職の不安や不満は解消されたものの、やりがいも感じられず、すぐに新たな不満が募っていきました。

冷静に客観的に考えれば、「短絡的過ぎ」「頭悪過ぎ」とか思うのですが、転職を考えているときって意外と余裕がなく、冷静な判断が出来なかったりします。

 

自分が何をしたいかが抜けていた

仕事をしていく上でモチベーションは重要です。

しかし当時の私は、自分のモチベーションを軽視していました。

転職先に求めていた「条件さえ揃っていればそれで良い、頑張れる」と。

結果、仕事は超絶つまらなかったわけです。

なので、あなたは今一度

「自分がどんなことにワクワクするのか」

「自分が目指しているものは何なのか」

「それを実現するために仕事というツールをどう位置づけるのか」

など、冷静に考え直してみてください。

そして、なるべく自分がワクワクすることを選びましょう。

 

失敗②:リサーチ不足

上記とつながる部分もありますが、転職先の業界や会社について、リサーチが不足していたと感じています。

調べ過ぎたり、悩み過ぎて泥沼にはまる可能性もありますが、自分の基準をしっかり持った上で、必要なことはしっかりリサーチしましょう。

 

例えば私の場合、転職先の会社で希望している部門がありました。

入社時に希望は出せますが、もちろん希望の部門に配属されるとは限らなかったです。

しかし、既に知人が勤めており、その知人の情報から

「会社がその部門に力を入れていること」

「その部門で人材不足が深刻なこと」

などを聞いていたため、配属される前提で希望の部門のことばかり調べていました。

まったく自分でもバカすぎてお恥ずかしいです…w

しかし、社内の人の話が聞ける状況の場合、こうしたことは意外と起こりがちです。

あまり社内の人の情報を鵜呑みにし過ぎず、しっかり自分でリサーチするようにしましょう。

 

転職後の会社での業務イメージはできるだけ具体的に

表面上の業務内容は当然、事前に分かります。

しかし、どうしても職場の雰囲気とか細かい部分までは事前に知ることは難しいです。

100%は無理でも、できる限り具体的なイメージが持てるまで頑張りましょう。

特に未経験の業界に転職する際には注意が必要だと思います。

対策としては、

・実際に働いている人に聞く

・可能であれば見学に行く

・SNSや口コミをチェックする

・会社のHP等をチェックする

などですね。

 

失敗③:要らない資格を取ってしまった

転職先がまだ絞れていないとき、まったくの未経験でしたが、候補の中にクレーンのオペレーターがありました。

理由は簡単で、頑張ればめっちゃ稼げるからでした。

クレーンオペレーターになるには、必要な資格が3つあります。

・移動式クレーン運転士

・大型特殊免許

・玉掛け技能講習修了

以上の3つですが、私は全て取得しました。

 

しかし、既に述べたとおり、実際に転職したのはスーパーマーケットでしたので、まったく必要のない資格を取得したことになりました。

 

汎用性の高い資格なら取っておいた方が良いのか

いまだに「資格を取っておけば有利」みたいに言われますが、はたして汎用性の高い資格なら取っておいた方が良いのでしょうか?

 

個人的な見解ですが、一般に汎用性が高いと言われる資格でも、結局自分のやりたいことにマッチしていなければ何の意味もない、と思っています。

資格はあくまでも資格です。

ちょっと極端な例ですが、

・資格は持っているが、経験の少ない人

・資格は持っていないが、経験の豊富な人

あなたが一緒に仕事をするならどちらの人が良いでしょうか?

 

「とりあえず何か資格を取っておこうかな」程度の感覚なら必要ないと思います。

資格よりも、何か新しいことに積極的にチャレンジしてみる方が、勉強では得られないリアルな経験値を積むことができます。

私は、今後「経験」の方が価値が高いと考えています。

単純な知識の蓄積ならAIなどに代替されるからです。

このあたりを詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

【あわせて読みたい】

 

まとめ

今回は、30代で転職した私が失敗したと感じたこと3選を実体験を元にお伝えしてきました。

失敗①:転職前の会社の足りない部分を求め過ぎた

失敗②:リサーチ不足

失敗③:要らない資格を取ってしまった

私の中では①の失敗が一番大きかったと考えています。

 

冒頭の結論にも書きましたが、後ろ向きな理由から転職を考えると上手くいきません。自分では気付きにくいんですけどね。

ぜひ、「自分はもっとこうなりたい」「こんなことにチャレンジしたい」など、自分をしっかり軸にして、前向きな理由で転職しましょう!

ちなみに私は「行動を起こしたこと」自体は、失敗どころか大きな経験値になったので良かったと思っています。

その他、転職に関する不安や疑問は、仕事を辞めたいと思ったら必見!辞める前に知っておくべき事まとめで解消できるように解説していますので、ぜひ参考にしてください。

 

以上です。最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました